10月10日は目の健康を考える「目の愛護デー」。地方で暮らす高齢者にとって、自動車は日常生活に欠かせない交通手段だが、年齢を重ねるにつれて目の病気のリスクは大きくなり、交通事故の心配も増える。新潟大大学院医歯学総合研究科の福地健郎教授は「目の病気で視野障害が起きていても、自覚症状のないケースが多い」とし、車の運転が大丈夫なのか定期的な受診を呼び掛けている。・・・

情報源: 高齢での運転、目の定期受診を 10日は「愛護デー」 | 社会 | 新潟県内のニュース | 新潟日報モア