失業手当(基本手当)は65歳未満が対象なので、60歳を過ぎて定年退職したシニアも条件を満たせば受け取ることができる。その際に注意したいのは公的年金との調整だ。現在、65歳未満の人には「特別支給の老齢厚生年金」(20年度は男性63歳、女性61歳以上)が支給されているが、これを失業手当と同時に受け取ることはできない。・・・

情報源: 65歳境に退職時期で金額に差  :日本経済新聞