金融庁の金融審議会が2019年6月に公表した報告書が「老後2000万円」問題として大反響を呼んだのは記憶に新しい。今夏、その「続編」となる報告書が公表された。メディアがほとんど取り上げず、話題にならなかったが、高齢化社会での「お金との向き合い方」を考える重要な指摘は多い。改めてポイントを確認したい。・・・

情報源: 老後2000万円報告書「意外に知らない」続編の中身 | 人生100年時代のライフ&マネー | 渡辺精一 | 毎日新聞「経済プレミア」