相次ぐ高齢ドライバーの交通事故を減らそうと、小松市の公立小松大は、七十五歳以上の高齢者を対象にした模擬運転装置を使った検証実験を同市四丁町の粟津キャンパスで始めた。ドライバーの運転能力を可視化することで、免許返納を促すのが狙い。・・・

情報源: 高齢者の運転能力 可視化 公立小松大 検証実験スタート:北陸中日新聞Web