家計にとって大きな資産であるマイホーム。長く住むには建物の適切な管理が大切だが、修繕などにかかるコストがここ数年で上昇し、資金不足の懸念に直面する人が増えている。修繕の先送りを続けていると住まいの資産価値は著しく低下し、家計への負担が大きい「負動産」になるリスクが高まりかねない。・・・

情報源: 住まいの修繕、先送り禁物 価値劣化で「負動産」も  :日本経済新聞