これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2020年11月7日

シニアが同世代にパソコンの操作法を指導 姫路の団体

シニア世代のメンバーが同世代にパソコンの操作法を教える兵庫県姫路市の団体「姫路パソコンアドバイザーズクラブ」(HPAC)の取り組みが本年度、内閣府の「エイジレス・ライフ社会参加活動事例」に・・・

高齢者の転倒予防にダンスが役立つ可能性、チューリッヒ大学研究報告

ダンスを楽しむことが高齢者の転倒予防につながるかもしれない。その可能性を示す論文が、「JAMA Network Open」9月25日オンライン版に発表された。・・・

衣服感覚の着るロボット–高齢者を支援するロボッティックウェア「curara(クララ)」

信州大学発のベンチャーAssistMotionは10月28日、生活動作支援ロボッティックウェア「curara(クララ)」のプレビュー版を披露し、ケイエスピーとラックの2社より、あわせて6000万円の出資を取り付けたことを発表した。・・・

高齢者向けサービスの協力体制作りを加速 四川省・重慶市

中国四川省(Sichuan)と重慶市(Chongqing)は現在、日増しに深刻化する高齢者問題に対応するため、高齢者向けサービスの「共につくり、共に運営し、共に分かち合う」協力体制の構築を加速させている。・・・

地域での活動成果発表 「ゆめさが大」全校講演会

シニア世代が学ぶ「ゆめさが大学」の全校講演会が、佐賀市文化会館で開かれた。・・・

老後資産長持ちの心得 運用と使い方で年金補う

「人生の最後まで金融資産をどう長持ちさせるか」。兵庫県の安井宏さん(63)は2018年に公務員を定年退職した際、真剣に考えた。定年後は在宅勤務などで働き、年金は65歳になる22年から受け取ると想定。・・・ 情報源: (ネ …

肥満でも痩せても寝たきりの危険 フレイル防ぐ境界は

要介護に直結しやすい「フレイル(心身の虚弱状態)」のリスクは、肥満度を示すBMIが低い人でも高い人でも上昇することが、約7200人の日本人高齢者を対象とした研究で明らかになりました。・・・

水彩や鉛筆画の力作 明石の絵画クラブが作品展

新型コロナウイルスの影響で延期になっていた、兵庫県明石市立高齢者大学校「あかねが丘学園」の絵画クラブ作品展が、アスピア明石北館(同市東仲ノ町)の7、8階通路で開かれている。・・・

歌とマジックショーの集い

地域の高齢者が触れ合う場をつくろうと、「歌とマジックショーの集い」が5日、高崎市の中尾児童公園で開かれ・・・

団地の高齢者に新たな「足」 日立で低速電動車実証実験

高齢者が車の運転免許を自主返納するケースが増える中、通院や買い物などで気軽に使える交通手段の確保が全国的な課題になっている。・・・

評価の正確さが大切

継続雇用のシニアに、現場で成果を出すよう求める姿勢は企業規模に比例して強まる。・・・

シニア雇用、実力本位で選別 「70歳まで」来春から

70歳までの就業確保を企業の努力義務とする改正高年齢者雇用安定法が、来春施行される。・・・

チョイス@病気になったとき「加齢黄斑変性 最新治療情報」

目の網膜の中心「黄斑」に出血やむくみが起き、ものがゆがんで見えたり視力が低下したりする病気「加齢黄斑変性」。進行すると視力が戻らないため、早期発見早期治療が何より大切。治療の第一選択は、「抗VEGF薬」を目に直接注射する …

家庭の医学 「新発見!名医が教える認知症予防の睡眠法SP」

【新発見!名医が教える認知症予防の睡眠法SP】記憶力など認知機能が低下し、放っておくと認知症の発症リスクを高めてしまう「物忘れ」。近年の研究で、物忘れと睡眠は大きく関係していることが判明!十分睡眠がとれているという方も要 …

人生の楽園「土の音響くオカリナ工房~栃木・小山市」

趣味の音楽が高じてオカリナを手作りし、銀行を早期退職して工房を開いた板垣洋一さん(62歳)と、それを支える妻の文子さん(61歳)の物語。洋一さんがオカリナ作りで使うのは益子の土。益子支店長時代の縁で益子焼の窯元から土を特 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.