「人生の最後まで金融資産をどう長持ちさせるか」。兵庫県の安井宏さん(63)は2018年に公務員を定年退職した際、真剣に考えた。定年後は在宅勤務などで働き、年金は65歳になる22年から受け取ると想定。・・・

情報源: (ネクストステージ)老後資産長持ちの心得 運用と使い方で年金補う :日本経済新聞