33万人が暮らす旭川市。その人口は上川管内の68%、宗谷、留萌管内も含めた道北の56%を占めるが、1998年から減少の一途をたどっている。出生が死亡を下回る自然減が続き、人口流出をせき止める「ダム」として道北の高齢者を吸収しながらも、それ以上の若者を札幌市などに「放流」している構図だ。・・・

情報源: 旭川市「人口のダム機能」どう構築 来る高齢者/去る若者に:北海道新聞 どうしん電子版