「コロナ禍では自由に外を出歩くことが難しく、うつ病の発症率も増えたと言われます。歩行機能の低下は、これまで高齢者の問題と考えられてきましたが、いまは社会全体が“プレ老人”に近い状態を経験している。そうした状況下で、ウォーキングの重要性はますます高まっています」・・・

情報源: 運動効果を高める「究極の歩き方」は“はや歩き” その理由は?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)