これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2020年11月19日

高齢者は経済の宝、社会保障で地方創生は可能

社会保障改革の起点とみなされている社会保障制度改革国民会議の報告書は、2013年にまとめられており、「医療・介護分野の改革」のところを、「住み慣れた」で検索すると、2カ所ヒットする。・・・

88歳プレー機敏 今治でソフト大会 出場最高齢の相原さん

11月上旬、今治市内であったソフトボール大会で、生き生きと白球を追うシニア選手たちの中心に出場者最高齢の相原豊さん(88)=同市中日吉町3丁目=の姿があった。・・・

シニア世代の67%がキャッシュレス派!

三井住友カード株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦)の運営する自社メディア「Have a good Cashless.いいキャッシュレスが、いい毎日をつくる。」は、60代~70代までの男女500名にイ …

スーパー、現金離れ急速 コロナで接触回避 関西7社、キャッシュレス50%に 独自特典で囲い込み

関西に本社を置くスーパー各社でキャッシュレス決済の比率が高まっている。・・・

老化は治療できる 健康寿命120年の世界がすぐそこに

私の父は今月87歳を迎える。心身共に健康で、「お元気ですね」とよく褒められる。けれども、長寿で健康という状態はちっとも珍しいことでなくなるかもしれない。なぜなら「老化は病気」であり、治療できるからだ――。本書『LIFES …

「在宅」を目指して 介護と交通、連携不可欠 さが未来路

表紙には「『交通』と『福祉』が重なる現場の方々へ」と記してある。・・・

漫画家・弘兼憲史が教える「高齢者にとっての最善の選択」とは?

日本を支えてきた団塊の世代も、今や70代。まだ先は長いとはいえ、「死」が頭をよぎるのも、また現実。さて、いかにして人生をまっとうするか。・・・

「人新世」時代の文化人類学 第8回「医療とケアの民族誌」

医療人類学は、近代的な生物医学を相対化しながら、患うことと健康にかかわる広範な実践を研究対象としてきた。ただし、相対化の前提にある疾病/病いという二項対立は現代世界において有効性が薄れてきている。そこで、ケアという概念を …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.