60代は定年を迎えるタイミングであり、老後を本格的に意識する最初の年代ではないでしょうか。生命保険文化センターの「令和元年度生活保障に関する調査」では老後の生活資金をまかなう手段は何か(複数回答)と調査した結果、「公的年金」が86.7%、次いで「預貯金」69.6%となっていることが分かりました。預貯金は老後資金の大切な原資となっていることが分かります。今回は60代の貯蓄額について確認してみましょう。・・・

情報源: 還暦60代、平均貯蓄額2000万円だと中央値はいくらか | LIMO | くらしとお金の経済メディア