新型コロナウイルスワクチンの高齢者向けの接種について、河野太郎行政改革相が「トライアル(試行)」として限定的な形で始める意向を示したことは、政府が置かれた厳しい状況を浮き彫りにした。確保できる量もはっきりせず、優先する医療従事者の想定人数も膨れあがった。政府が自治体に示した接種日程が、遅れる恐れも出ている。・・・

情報源: 高齢者向け接種「トライアル」に軌道修正 遅れる恐れ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル