禁煙は難しい。禁煙外来に通う人でも1年後に挫折する人が7割以上。そんな現状を変える「ニコチン依存症治療アプリ」を開発したのがキュア・アップの佐竹晃太さん。呼吸器内科の医師でもある佐竹さんはアメリカ留学中にアプリを使い治療する手法を知った。日常生活の中で効果的な治療を提案したり相談できるスマホアプリは医療の世界で注目されている。現在、高血圧やがんの治療用アプリの開発も進んでいる。

2/24 (水) 22:54~23:00 テレビ東京1
番組情報:SDGsファイル チェンジ・ザ・ワールドー世界を変える志ー禁煙アプリ