アルツハイマー病やその他の認知症を抱える成人は、米国だけでも600万人近くにのぼる。また、米国では2050年までに、1600万人の成人がアルツハイマー病とともに生きるようになると推定されている。そうした認知症や全般的な死亡率に、睡眠不足が・・・

情報源: 5時間未満の睡眠時間の高齢者、認知症発症と死亡率上昇のリスク | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)