会社勤めを続けると厚生年金だけでなく、雇用保険や健康保険といった他の社会保険にも加入することが多い。60歳を過ぎても毎月の給料などから保険料は引かれるが、失業したときや技術・資格を身につけたいとき、または自身や配偶者らが体調を崩したときなど、様々な場面で給付を受けることができる。それぞれの利点を知って上手に利用すれば、高齢期の生活設計や家計の充実に役立つだろう。雇用保険は失業や雇用継続が困難に・・・

情報源: 雇用保険や健康保険 働くと社会保険のメリット大きく: 日本経済新聞