4月から施行される改正高年齢者雇用安定法のポイントは、社員の70歳までの「就業確保」を企業の努力義務としたことだ。新型コロナウイルス感染症禍で一時的な変動はあっても、長期的には動かない労働力不足を、高齢者に長く働いてもらうことで緩和したいとの意図がある。・・・

情報源: 70歳就業法、楽観視は禁物 会社側の提案 慎重に吟味を: 日本経済新聞