新型コロナウイルス感染拡大の影響で、福井県内でも高齢者施設の利用を控える傾向がある中、高齢者が転倒し骨折するケースが目立ってきている。自宅で過ごす時間が増えたことによる運動不足が一因とみられ、介護事業者は「感染対策に加え、体を動かすことに意識を向けてほしい」と警鐘を鳴らす。・・・

情報源: 高齢者の転倒骨折増、運動不足警鐘 福井県内、コロナで施設利用控える傾向 | 医療 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE