高齢者も働くのが当たり前の社会では、私たちはどんな心構えをしたらいいのか。人事管理のエキスパートで、『高齢社員の人事管理』の著作もある学習院大学名誉教授の今野浩一郎氏は「生涯現役で働くことを考えるなら、ピークアウトという発想が重要だ」と強調し、定年がそのきっかけになるとの持論を展開する。・・・

情報源: 定年を機に一兵卒に、生涯現役には「降りる勇気」必要: 日本経済新聞