「退職金は一時金でもらうつもり。計算してみると、税金があまりかからないようだ」。こう話すのは愛知県に住む男性Aさん(60歳)。大学を卒業して38年勤めた勤務先を3月末で定年退職する。退職金は約2400万円を受け取る見通しだ。「定年後も働く予定だが、退職金の手取りは少しでも多くしたい」という。シニア層が定年時などに受け取る退職金は老後のマネープランを支える柱の一つ。・・・

情報源: 退職金 もらい方で手取り増: 日本経済新聞