3月は定年退職者の多い季節です。会社の制度にもよりますが60歳に到達した年度末を退職日としている会社の場合、仕事が一区切りとなります。いま、その年齢が変化しようとしています。これまで進められてきたのは「65歳現役社会」への移行でした。公的年金の標準的な受給開始年齢が65歳に引き上げられたこともあって、いま会社は65歳までの雇用確保義務があります。・・・

情報源: 70歳まで働く: 日本経済新聞