どんなに医学が進んでも、人間は必ずいつか亡くなります。どんな人も、自分の死や大切な人の死から逃れることはできません。生きていれば必ず死がやってくるのだから、その死とどう向き合うかを考えておくのは、生き…

情報源: どこで死にますか?800人を看取った在宅医療専門医が「家で死ぬこと」の全てを書いた『「在宅死」という選択』(大和書房)3月24日発売|株式会社アップルシード・エージェンシーのプレスリリース