エンジニアとして働いた会社を早期退職し、3人の娘も大好きなイチゴ栽培を始めた長谷部光男さん(57歳)の物語。2棟のハウスで紅ほっぺなど1600株のイチゴを育て、温度に合わせて開閉するカーテンや液体肥料を自動で送る装置などは、電気工事士の資格を持つ光男さんが自作。肩まで真っ赤に完熟した状態で収穫し、2~3時間後には直売所に並べる。さらに白イチゴの“エンジェルエイト”や、桃の香りがする“桃薫”の試作も…

3/13(土) 18:00~18:30 テレビ朝日系
番組情報:人生の楽園 娘も応援!父さんのイチゴ~神奈川・藤沢市