障害者福祉、児童福祉、高齢者福祉の事業を展開し、作業所やグループホーム、ケアセンターなどを運営する社会福祉法人よつ葉の会(名古屋市)。障害者支援施設「よつ葉の家」の生活支援員、前川勝さん(61歳)は、50代で同社に入社した。同じように50歳を過ぎて転職してきた人も多く、前川さんも「理解して迎え入れてくれたことがうれしかった」と話す。シニア世代には、利用者の役に立ちたいという人や、前川さんのように自分の知識や技術を後進に伝えたいという人もいる。・・・

情報源: 円熟味 社会福祉法人よつ葉の会副主任 よつ葉の家生活支援員 前川勝さん(まえかわ・まさる) ケーキ作りに誇り 後進を育てる喜び 福祉事業の理念きちんと伝える 施設では自然体、仕事の楽しさ実感|中部経済新聞 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報