先週は70歳現役社会への対応について、アラフィフあるいはそれ以上の年齢の読者を対象に考えてみました。今週は年代を少し下げてアラサーからアラフォーのリタイアを考えてみたいと思います。今ほど、老後のための備えを意識する現役世代が増えたことはありません。団塊世代、あるいはそれより早くリタイアした世代が若いうちから老後のことをしっかり考えていたわけではありません。・・・

情報源: アラサーからアラフォーは「75歳まで現役」視野に: 日本経済新聞