高齢になると心身の機能が衰えて、日々の生活に助けが必要になることがあります。こうした場合に頼りになるのが公的な介護保険制度です。40歳以上の人が加入し保険料を納める一方、自身が介護を受ける際の負担が軽くなります。2021年度には保険料が見直される予定です。・・・

情報源: 介護保険料、見直しへ: 日本経済新聞