県民の健康増進に取り組む群馬県は有識者会議(座長・武見敬三元厚生労働副大臣)の提言を基に、健康寿命の延伸を柱とする政策ビジョン「群馬モデル」をまとめた。要介護状態の手前の段階とされるフレイル(虚弱)の予防など四つの戦略を掲げ、地域と連携した施策の推進につなげる。・・・

情報源: 健康寿命延伸で県「群馬モデル」まとめる 25年に男性73歳、女性76歳目指す|社会・話題|上毛新聞ニュース