改正高年齢者雇用安定法が、4月1日施行される。70歳まで就業できるよう、働く場の確保を企業の努力義務とする。高齢者の働き方と本来は切り離せない年金の支給開始年齢の問題を議論せず、就労支援だけを具体化させた政府の姿勢には疑問がある。・・・

情報源: [社説]70歳就業は年金・労働市場改革と一体で: 日本経済新聞