パーキンソン病になったことで看護師の仕事を辞め、体に優しい総菜と弁当の店を始めた木我あつ子さん(57歳)と、それを支える夫の巧さん(62歳)の物語。「食べることは生きること」と語るあつ子さんが手作りする総菜は、だしを利かせた優しい薄味。毎日12種類、1週間に同じものは作らないためそのレパートリーは80種類を超える!さらに故郷の南魚沼産コシヒカリの玄米を自家製米して、弁当や肉か魚を選べるランチの提供も…

4/17 (土) 18:00~18:30 テレビ朝日
番組情報:人生の楽園 元ナースの優しい惣菜店~神奈川・横浜市