…2021年4月の改正高年齢者雇用安定法の施行で、企業には従業員に70歳まで就業機会を確保する努力義務が課された。将来的には罰則を伴う義務化も予想される。現在日本企業の多くは60歳定年だが、定年引き上げや再雇用期間の延長は避けられない。60歳以上のシニア雇用は企業にとって共通の課題だ。・・・

情報源: シニア雇用 70歳まで就業機会、企業に努力義務: 日本経済新聞