「退職金の一部は運用に回すつもり」。3月に定年退職した男性Aさん(60)はこう話す。4月末に約2500万円の退職金が振り込まれる予定で、半分程度は住宅ローンの返済などに充て、残りのうち約1000万円を株式で運用する計画だ。継続雇用で働き続けることもあって老後資金にある程度のメドは立っているが「暮らしに余裕を持たせたい」という。・・・

情報源: 退職金 運用の失敗避ける: 日本経済新聞