5月5日のこどもの日を前に、広島県大竹市で手すき和紙を使ったこいのぼり作りが行われている。制作しているのは、10年前に東京から移住した杉本海(うみ)さん(51)=広島市中区=。伝統の灯を絶やさぬよう奮闘している。・・・

情報源: こいのぼり、息づく伝統 広島・大竹の手すき和紙:朝日新聞デジタル