着る服を選ぶとき、通常ならファッション性に加えて、体に合っているかという着やすさや、気候に応じた保温性などを基準にするだろう。ところが高齢者の場合、加齢に伴う皮膚の変化や温度感覚の低下で、本人も気づかないうちに体に合っていないものを選んでしまうことも多いという。・・・

情報源: 【100歳時代プロジェクト】摩擦、寒暖…加齢に伴う感覚低下 周囲が配慮を シニアの衣服選び – 産経ニュース