家族のための自分史作成サービス『親の雑誌』(https://oyanozasshi.jp/)を運営する株式会社こころみ(本社:東京都港区、代表取締役社長:神山晃男)は、全国の成人男女(計130名)を対象に、「親孝行に関するアンケート調査」を実施。母の日を前に、母親への親孝行に関する調査データを公開しました。母親が他界した後 67%の人が「心残りがある」と回答、他界した母親にやってあげたかったことは「旅行」「話をする/話を聞く」「感謝を伝える/優しくする」など、親子のコミュニケーションが必要だったと感じる回答に集約される結果となりました。・・・

情報源: 【母親への親孝行に関する調査】母親が他界した方の67%が「親に心残りがある」。「母親にやっておけばよかったこと」では “もっと親とのコミュニケーションを”が圧倒的|こころみのプレスリリース