骨がもろくなる骨粗しょう症の人では、ひざの内側にある、大たい骨の端の膨らんだ部分に微小な骨折がおきやすい。その骨折がもとで骨が壊(え)死してしまう「大たい骨内側か骨壊死症」。突然の激痛にみまわれる。時間がたって痛みがひくこともあるが、放置すると今度は変形性膝関節症になることもあるので、適切な治療を受けることが大切。足底板や薬の治療を行い、改善しなければ手術を検討する。3つの手術法を詳しく紹介する。

5/12 (水) 13:35~13:50 NHKEテレ
番組情報:きょうの健康 ひざの痛みの原因▽女性は要注意!大たい骨内側か骨壊(え)死症