著者は評論家として活躍、50代でNPO法人「高齢社会をよくする女性の会」を結成し、介護保険実現にも貢献した。本書はその著者が平均寿命の88歳となり、「老い」の当事者として発見した驚きなどから「ころばぬ先の杖(つえ)」となる88の知恵・・・

情報源: 【書評】『老いの福袋 あっぱれ! ころばぬ先の知恵88』樋口恵子著 – 産経ニュース