コロナ禍で物忘れがひどくなったと回答した高齢者が倍増したという記事が本紙に掲載されていた。筑波大学の久野譜也教授の調査結果で、外出機会が減ったことが影響しているという。自粛生活が続いて身体を動かすことが減るとフレイル、つまり心身の老化が進むので注意が必要だと書かれていた。・・・

情報源: ささいな行動で元気に: 日本経済新聞