これまで、腰痛などの痛みを改善したり、がん患者の生活の質を向上する効果が示されてきた太極拳。いま注目されているのは、転倒予防の効果。手や足などを同時に動かしながらバランスを取ることで、体幹などが鍛えられ転倒しにくくなる。さらに、最新の研究では、免疫機能をアップさせる効果も確認されている。太極拳の「ゆっくりとした呼吸」が神経や内分泌系に働いている可能性がある。実践では、3つの基本の動きを紹介する。

5/20 (木) 13:35~13:50 NHKEテレ
番組情報:きょうの健康 いま注目!東洋医学のチカラ「太極拳で転倒予防と免疫アップ」