胃がんでは、がんの進行度に応じたさまざまな治療の選択肢がある。ごく早期のがんなら内視鏡治療が可能。胃を切除する手術では、腹くう鏡手術が主流になってきた。ロボット支援による腹腔鏡手術も、保険で受けらえるように。進行がんの場合は薬の組み合わせの治療が基本。がんのタイプによって薬を選択する。がんを攻撃する免疫細胞の働きを促す薬など新しいメカニズムで作用する薬も次々に登場し、使われるようになってきた。

5/20 (木) 20:30~20:45 NHKEテレ
番組情報:きょうの健康 胃がん 最新情報「ふえる治療の選択肢」