183人の希望退職、主力ブランドの売却に大量閉店――。「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは昨年、行き過ぎた出店戦略が裏目に出て、大幅な事業縮小に追い込まれました。新型コロナ禍のなか、どう立て直しを進めるのか。一瀬邦夫社長に聞くと、飛び出したキーワードの一つが「高齢者」でした。・・・

情報源: 「いきなり!ステーキ」高齢者に活路? 社長の再建戦略:朝日新聞デジタル