古希になった時、イタリア語のオペラの理解を深めるには、イタリア語を習得し、そのリズムになじみ、話せるようになるほかない。「東京・春・音楽祭」の立ち上げ時から、支援を頂いている指揮者のムーティさんから、親しく話をする機会があるたびに、当然の指摘を受け、習得をしようと始めたものの、案の定、すぐに挫折に終わった。・・・

情報源: 夕暮れ時は喫茶店で活字を読む: 日本経済新聞