70歳まで働く場を提供する「改正高年齢者雇用安定法」が4月1日に施行され、現役で働き続けるシニアは、今後さらに増える見通しだ。一方で、大企業には早期退職を募集して「シニア予備軍」を減らそうとする動きが見られ、若手社員の中には、給料に見合う成果を出せない中高年社員を白眼視する向きも。・・・

情報源: 70歳まで働く時代、「頼られるシニア」はなぜ「やる気」を失わずに輝けるのか 藤村博之教授に聞く – 弁護士ドットコム