75歳以上の後期高齢者のうち、一定以上の所得がある人の窓口負担を2割とする医療制度改革関連法が成立した。現役世代の負担軽減効果は限定的だが、世代間の負担・給付の不均衡を解消し・・・

情報源: 75歳以上、370万人が負担増: 日本経済新聞