好きな人や物(=推し)を応援する「推し活」が話題です。 若者たちだけの話かと思いきや、そうではありません。心と時間とお金に余裕のあるシニア世代こそ、実は「推し活」を最大限に楽しめる可能性があるのです。「沼」にはまって人生が輝き出した人たちのエピソードから、「心の中に大切な人を持つこと」の意味と効果について考えます。

情報源: 62歳BTSファン女性が週刊朝日に告白!「私はこうして沼に落ちた…」60代からの“推し活”で人生が輝く!|株式会社朝日新聞出版のプレスリリース