「老人性うつ病の場合は、薬が合えば治りやすいので、異変が感じられたときには早めに病院に行くのがいい」 作家森村誠一氏は近刊『老いる意味 うつ、勇気、夢』(中公新書ラクレ)のなかで語っている。これは、高齢者うつへの対応として、究極の言葉である。・・・

情報源: 高齢者うつ克服記を読みとく―森村誠一著『老いる意味 うつ、勇気、夢』(上田諭) – 個人 – Yahoo!ニュース