高齢者が健康な状態から要介護状態にシフトしていく“中間段階”のことを指す「フレイル(虚弱)」。通常、運動不足や社会活動の減少によってリスクが高まるとされるが、長引くコロナ禍の自粛生活によって、高齢者の健康に与える二次被害として注目を集めている。・・・

情報源: 高齢者を衰弱させる「コロナフレイル」、歩行速度低下や食べこぼしは危険視号 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン