群馬県内のメーカーで事務として働く男性(63)は「何歳まで生きるかわからない。働けるかぎりは稼いでおきたい」と話す。会社は再雇用で70歳まで働けるようになったため、年金をもらい始める年齢を後ろにずらして老後の年金の受取額を増やす考えだという。・・・

情報源: 〈70歳定年時代〉(下) 年金受給「75歳から」可能: 日本経済新聞