新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合が21日開かれ、ワクチン接種を済ませた65歳以上の感染者数が、未接種の10分の1以下に減少したとのデータが示された。ワクチン接種と感染の有無に関し、全国規模のデータが会合で明らかにされたのは初めて。・・・

情報源: 接種済み、感染10分の1以下 高齢者のワクチン効果示唆 連休前「一層の危機感」:時事ドットコム