40歳で佐川急便を退職し、心理カウンセラー・心屋仁之助として独立。数々のベストセラーを著し、講演会やセミナー、バラエティ番組でも活躍してきた彼が、今度は56歳にしてシンガー・ソングライターに転身。名義を本名に愛称を付けた「Jin 佐伯仁志」に変え、「ゼロからの紅白」を目標に音楽活動に専念し・・・

情報源:人気心理カウンセラーが56歳で歌手デビュー 全キャリアを捨て挑戦するワケ「人を羨んでばかりの自分が嫌だった」|ORICON NEWS