事故当時87歳の被告が引き起こした東京・池袋の暴走は、高齢ドライバーの運転に関する安全対策や免許証の自主返納が進むきっかけとなった。返納件数は2019年に過去最多の60万人を記録したものの、地方に住む高齢者などは車を手放せないケースが少なくない。代わりとなる交通手段の整備も課題になっている。・・・

情報源: 広がる高齢者の免許返納 代替手段、地方に課題: 日本経済新聞