これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 健康、予防等

健康、予防等

インフル予防接種を無料に 高齢者など 兵庫・養父市

兵庫県養父市は今冬のインフルエンザ予防接種で、65歳以上の高齢者、妊娠中の女性、生後半年から中学3年生までのワクチン接種を無料化(全額助成)する。新型コロナウイルスとインフルエンザが混在して流行し、市民生活や医療現場が混 …

高齢者の歯 抜けて舌が動かしにくくなり、誤嚥の原因にも

「8020運動」という言葉をご存知だろうか? これは「80才で20本以上自分の歯を保とう」というもの。ものを食べなければ生きていけない人間にとって、歯は欠かせない。高齢になったなら、なおいっそうその重要性に気づく機会も増 …

きょうの健康 特集 老化!○○が衰えると…「耳が衰えると…」

耳の老化は20代から始まり75歳以上では7割の人に難聴の症状があらわれる。加齢性難聴を放置すると、脳への刺激が少なくなり、認知症のリスクも高くなる。早期に発見し、補聴器で聞こえを改善することが重要。さらに最近では人工内耳 …

趣味どきっ! 続・柔軟講座(7)「疲れない体は“太もも”から 前編」

「太もも」特集の前編。まずは、片脚でいすから立ち上がれるかテストしてみよう。立ち上がれない人は…、日常の動作がスムーズにできなくなり、ほうっておくと介護リスクが高まる「ロコモティブシンドローム」(ロコモ)かも!無理のない …

「百歳体操」で筋力アップ 能登町、教室開催を支援

能登町地域包括支援センターは15日までに、町内で気軽に実践できる筋力運動「いきいき百歳体操」の普及に乗りだした。高齢者の健康増進や介護予防につなげ、いつまでも元気に過ごしてもらう狙いで、各地域での教室開催を支援する。15 …

趣味どきっ! 続・柔軟講座(7)「疲れない体は“太もも”から 前編」

「太もも」特集の前編。まずは、片脚でいすから立ち上がれるかテストしてみよう。立ち上がれない人は…、日常の動作がスムーズにできなくなり、ほうっておくと介護リスクが高まる「ロコモティブシンドローム」(ロコモ)かも!無理のない …

きょうの健康 特集 老化!○○が衰えると…「骨・関節が衰えると…」

「骨粗しょう症」や「変形性膝関節症」で骨や関節が衰えると、介護が必要になったり、寝たきりの状態になったりするリスクが高まる。予防にはウォーキングなどの運動習慣や、カルシウムの摂取など食事に気をつかうことが重要。さらに文化 …

コロナ感染恐れ訪問診療も延期続々 高齢世代「歯科受診控え」ご用心

飛沫(ひまつ)などを介して感染する新型コロナウイルスの影響を受け、口を大きく開ける歯科で「感染しやすそう」と受診控えが続いている。特に、高齢世代で治療をためらう患者が目立つが、入れ歯の不具合や歯周病を放置すると、全身の健 …

認知症と生きる 第15回「認知症と生きる③~地域で支える認知症」

地域の中で認知症の人がどの様に支えられ、生活しているのかを、地域における具体的な取り組みから概観する。また、認知症になっても安心して暮らせるまちを築くための様々な取り組みを紹介し、活動状況や課題などを解説する。 9月15 …

きょうの健康 特集 老化!○○が衰えると…「飲み込む力が衰えると…」

飲み込む力が衰えると、頻繁にむせたり、声がかれやすくなったりしてしまう。年をとるとともに、のどを支える筋肉が衰え、気道に食べ物や唾液が入りやすくなってしまうからだ。命にかかわる誤嚥(えん)性肺炎につながったり、高齢者では …

88歳でも元気ハツラツ!大村崑夫妻に聞いた後期高齢者の「健康術」

大塚製薬のオロナミンCドリンクのCM「元気ハツラツ!」のキャッチフレーズで有名な喜劇俳優の大村崑さん(88歳)は、神戸のキャバレーのボーイからショーの司会者、そしてコメディアンになった。そして大阪・北野劇場の喜劇役者とな …

神経科学者が「退屈は脳の健康に良い」と言う理由

脳は24時間365日働いている。あなたが眠っているときでも、脳は眠っていない。あなたの安全を守るため、脳はストレスの原因となる刺激を聞き、感じ、それに対処しているのだ。脳はあなたが気がつかない間も、解決策を生み出したり決 …

インフル予防接種、10月25日までは高齢者に 厚労省

今冬のインフルエンザワクチンについて、厚生労働省は11日、早めの接種を呼びかける対象や時期をまとめた。接種が始まる10月1日から25日までは定期接種の対象となっている65歳以上の高齢者らを優先とし、任意接種となっているそ …

インフル予防接種費、高齢者らは無償化 県が方針

今冬の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、黒岩祐治知事は10日、65歳以上や60~64歳で重篤な基礎疾患がある県民、約230万人のインフルエンザ予防接種費を無償にする方針を明らかにした。重症化リスクのある …

チョイス@病気になったとき「気になるシミ 徹底対策」

多くの人が悩む顔などのシミ。最も多いのは、紫外線による皮膚のダメージが蓄積してできる老人性色素斑だ。高齢者に多いが、30代でできる人もいる。治療には、レーザーなどによりメラニン色素のたまった細胞を焼く方法がある。しかし肝 …

« 1 2 3 114 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.