これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 健康、予防等

健康、予防等

チョイス@病気になったとき「においがわからない 気になる嗅覚障害」

においを感じられなくなったり、違うにおいに感じてしまったりする「嗅覚障害」。その原因は様々で、かぜの後遺症が原因の場合は、なじんだ匂いを意識的に繰り返し嗅ぐ「嗅覚刺激療法」により、かぜのウイルスによりダメージを受けた嗅覚 …

TVシンポジウム「心不全パンデミックに備える~高齢者の心臓を守る~」

▽今後、高齢化が進むとともに、心不全の患者が爆発的に増え、やがて「心不全パンデミック」の状態に陥ると心配されている。▽「心不全」とは、「心臓が悪いために息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」と定義さ …

Medical Frontiers 選「アルツハイマー 予防への道」

認知症の7割近くを占めているアルツハイマー病。完治する治療法はいまだ確立していない。そこで、アルツハイマー病への進行を防ぐワクチンの開発が進んでいる。・・・

ワクチン接種 高齢者3月末から

神戸市は、新型コロナウイルスのワクチンが承認された場合、高齢者には3月末(すえ)から、そのほかの市民には早ければ5月から、接種を開始・・・

疾病の回復を促進する薬 第15回「 チーム医療と薬の安全な使用」

病院内、在宅ケアなどの場における医薬品使用のプロセスと医師・看護師・薬剤師などの医療スタッフの関わりについて学び、薬の安全な使用について考える。・・・

チョイス@病気になったとき「何とかしたい 冬のかゆみ」

冬の肌のトラブルといえば、多いのが乾燥によるかゆみ。しっかり保湿しているつもりでも、脚などから始まったかゆみが、なぜか悪化して全身に広がってしまうことがある。それは、体を洗い過ぎたり保湿剤の塗り方が間違っていたりするため …

日本老年医学会が指摘 加齢で“効きすぎる”クスリ全29種

東京都健康長寿医療センター研究所などの研究グループは2020年2月、高齢者の多剤処方に関する論文を発表した。・・・

5種類以上の薬飲む高齢者 4割にふらつきや転倒が生じたデータ

「これを飲めば症状が改善する」──誰もがそう信じて薬を飲む。だが、それによって健康を悪化させることもある。・・・

新型コロナ: 米、ワクチン「倍増」へ戦略転換 高齢者接種へ在庫放出

米政府は新型コロナウイルスワクチンの供給を倍増させるため、2回目の接種のために保管するワクチンの在庫を全量放出する。医療従事者を優先してきたが、高齢者の接種も始める。・・・

東洋医学 ホントのチカラ「今年も元気に!健康長寿SP」

いま世界中の医療機関で導入が進む東洋医学。今回のテーマは「新型コロナに負けない心と体」。“うつ”やパニック症などのメンタルケアから手足のリハビリまで、健康長寿のカギを握る免疫アップやストレス解消に役立つ漢方薬やツボ、太極 …

母性看護学 第14回「更年期・老年期女性の健康問題と看護」

女性のライフステージの後半部分である更年期・老年期の特徴と健康問題、看護の視点について教授する。・・・

【高齢者の食】低栄養予防心掛けて

「人生百年時代」を迎えるに当たり、健康寿命をいかに延ばすかが大きな課題となっている。・・・

健康長寿のためのスポートロジー 第14回「運動とがん」

がんは今や国民の二人に一人がかかる病気である。・・・

新型コロナ: 東京都、感染調査対象見直しへ 高齢者などに重点

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京都は、感染者の感染経路や濃厚接触者を調査する「積極的疫学調査」を、高齢者が多数いる場所など重症化リスクの高い対象に絞る方針だ。・・・

きょうの健康 脳と命を救う!脳梗塞対策「この症状が出たら救急車!」

脳梗塞は脳の血管が詰まることで起こる病気。日本では年間20万人に発症していると推計され、6万人が亡くなっている。原因は加齢による血管の老化や、生活習慣病から引き起こされる動脈硬化など。一命を取り留めてもおよそ半数の患者に …

« 1 2 3 131 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.